平成29年地価調査!地価調査の変動率をGoogle earthで分析する!

地価調査とは?

都道府県地価調査とは・・・・

国土利用計画法施行令第9条にもとづき、都道府県知事が毎年7月1日における標準価格を判定するものです。土地取引規制に際しての価格審査や地方公共団体等による買収価格の算定の規準となることにより、適正な地価の形成を図ることを目的としています。

 

これに対し地価公示は・・・・

地価公示法に基づいて、国土交通省土地鑑定委員会が毎年1月1日の都市計画区域等における標準地を選定して「正常な価格」を判定し公示します。

地価公示の目的は、一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに、公共事業用地の取得価格の算定等の規準とされ、適正な地価の形成に寄与することです。

 

平成29年地価調査の概要

 

 □ 調査地点数及び価格時点

全国47都道府県の全域で

 

  •  宅地 21,139 地点
  •  林地   505 地点
  •  合計 21,644 地点

 

なお、福島第一原子力発電所の事故の影響による22地点(宅地21地点、林地1地点)及び熊本地震の影響による宅地1地点、計23地点で調査を休止しています。

平成29年7月1日時点の価格によるものです。

 

 □ 調査結果

 調査結果は、土地総合情報ライブラリーにて公開されています。

 

全国の地価の動きをGoogle-earthで見る!

 

このように全国の地価が一斉に調査されるのは地価公示と地価調査の年2回です。

日本の地価の動きが公表されるわけですが・・・・

全国の地価の動き・傾向が「一目瞭然」となる資料はなかなか無いのが現状では無いでしょうか??

全国の地価の可視化を目的に弊社では現在平成29年地価調査のデータ可視化に取り組んでおります。

完成次第、皆様が利用できる形態を考えております。

斯うご期待です!

 

広大地 東京

 

 

全国の地価変動率を可視化する!

 

平成29年の全国の変動率について可視化すると下記の様になります。

非常に分かりやすいです!

 

キャプチャ12

 

 

 

 

初回の面談は無料です。お電話での予約はこちら お電話でのお問い合わせはこちら052-238-1911 インターネットでのお問い合わせ

ページの先頭に戻る