全世界で発生した過去30日以内のリアルタイム地震データ

リアルタイム地震データ Webマップを追加

全世界で発生した過去30日以内のリアルタイム地震データを可視化できるWebマップを追加しました。

 

全世界で発生した過去30日以内の地震について震源の位置、マグニチュードなどの情報を15 分間隔で自動更新して可視化します。USGS(アメリカ地質調査所)が公開している地震情報Spreadsheet Formatには全世界で発生した地震の震源の緯度経度、マグニチュードなどの情報が記録されており、期間・種別に応じて5分から15分間隔で更新されています。

 

 

 

 

 

説明

 

本サービスには以下のデータが含まれています。

 

USGS地震ハザードプログラム Spreadsheet Format:ASCIIテキストファイル

 

USGS地震ハザードプログラムは、1977年に議会によって設立された全国地震ハザード低減プログラム(NEHRP)の一部であり、USGS 先進国家地震システム(ANSS)は、NEHRP施設として議会によって設立されました。USGSとそのパートナーは、地震の監視と報告、地震の影響と危険の評価、および地震の原因と影響の調査を行っています。

米国内務省『USGS地震ハザードプログラム』から一般公開されているデータ群を基に、図化しています。

 

これらのデータの品質や使用上の注意について、データ提供元である『USGS地震フィードライフサイクルポリシー』に準拠してい ます。利用約款および各データ詳細ページの記載事項をご確認いただいた上でご利用いただきますようお願いいたします。

 

 

利用規約

 

(株)愛知不動産鑑定所は、当サイトにコンテンツを掲載するにあたって、その内容、機能等について細心の注意を払っておりますが、コンテンツの内容が正確であるかどうか、最新のものであるかどうか、安全なものであるか等について保証をするものではなく、何らの責任を負うものではありません。また、当社は通知することなく当サイトに掲載した情報の訂正、修正、追加、中断、削除等をいつでも行うことができるものとします。
また、当サイト、またはコンテンツのご利用により、万一、ご利用者様に何らかの不都合や損害が発生したとしても、当社は何らの責任を負うものではありません。

このマップは「USGS地震ハザードプログラム」が提供するデータを図化して使用しています。
詳細については、以下をご参照ください。

 

 

参考:アクセシビリティと米国地質調査所
参考:米国内務省個人情報保護局プライバシーポリシー

 

 

データを利用したことによって生じたいかなる損害に対して、(株)愛知不動産鑑定所は一切責任を負いません。

 

 

■ フルサイトはこちら ■

 

リアルタイム地震データ

(Webアプリケーション)

 

 

■関連情報■

 

三大都市圏(首都圏・近畿圏・中部圏)の範囲がすぐわかる

:地積規模の大きな宅地と広大地評価

 

都道府県ごとの相続税に関するデータをWebマップで分析する!

 

 

初回の面談は無料です。お電話での予約はこちら お電話でのお問い合わせはこちら052-238-1911 インターネットでのお問い合わせ

ページの先頭に戻る